採用コンセプト

心のこもった親身なサービスを (サービスを受けるのは全て私の家族という気持ちで)

採用コンセプト

延岡共立病院は昭和25年に創立して以来、永きにわたり地域医療病院として役割を担ってまいりました。創立70周年を前に、病院の新築移転計画が始まり2020年にオープン致しました。基本理念である「心のこもった親身なサービスを(サービスを受けるのは全て私の家族という気持ちで)」を、これからも変わらない気持ちで、地域を支えてまいります。

病院では、最新の医療機器や快適な病室などを整備することも大切ですが、それ以上に重要なのは、そこで働く職員の質であり、すべての職員が心の根底に、「病院=ホスピタル」の語源である、ホスピタリティ(おもてなしの心)を持っていることです。

ここでいう「おもてなしの心」とは、言葉が丁寧であるとか、挨拶がきちんとできるといった表面的なことにとどまらず、医療とは「人対人の血の通ったもの」であることを深く理解し、患者さんや、患者さんの家族の喜び・悲しみを、自らの喜び・悲しみとして共有することのできる「心」で、延岡共立病院の基本理念も、この気持ちから生まれました。

また、私たち医療従事者が、働くことが出来るのは自らの努力もありますが、家族をはじめ、学生時代の友達や先生、そして先輩や多くの知人友人、あるいは社会の人々の支えがあったからだと思います。 これらの人々に心から感謝すると共に、その恩返しとして、私たちは地域医療の貢献に、情熱や使命感をもって従事しています。

延岡共立病院の基本理念に共感いただき、これからの病院を担う人財として、一緒に延岡共立病院を支えるスタッフになって、共に働き喜びを分かち合える方をお待ちしています。

院長メッセージ

院長赤須 郁太郎

本日は当院のホームページにご訪問いただき、有り難うございます。

伸和会 延岡共立病院は、昭和20年終戦により帰延した祖父、赤須 廉典が中川原町(祝子川鉄橋付近)に開業した赤須病院を前身に昭和25年に中川原町3丁目に移転、医療法人となったものです。 法人化するにあたって廉典は兄弟を呼び寄せ、「共に協力しながら地域医療に尽くしていきたい」との思いから病院名を「共立病院」にしたということです。 創立当初の理念を引継ぎ、私たちも地域住民の健康増進、病気の治療に努力し続けております。

内科、外科、産婦人科の3科で開院した共立病院ですが、今では外科・肝臓外科・消化器外科・心臓血管外科・整形外科・内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・糖尿病内科・皮膚科・小児科・放射線科・リハビリテーション科・健診センター・介護老人保健施設・デイケアと、多くの科を標榜できるまでに発展いたしました。 外来診療においても、糖尿病外来・肝臓病外来・血管外科外来・神経内科(神経難病)外来などの特殊疾患外来も行っています。

昭和25年に創立して以来、永きにわたり地域医療病院として『心のこもった親身なサービスを』を理念に地域を支えてまいりましたが、施設の老朽化と災害時の拠点病院としての責務を果たすため、南海トラフ地震等の自然災害を想定し、津波被害のない高台の地に耐震構造の建物と災害用ヘリポート、最新の医療機器をそろえ、2020年(令和2年)2月10日「延岡共立病院」として新築移転オープンしました。

地域包括ケア病床を増やすなど、より高齢化社会に対応できる機能を充実させると同時に、消化器疾患と循環器疾患を柱により専門性を高めた診療体制を構築いたしました。特に、肝疾患では肝炎から肝臓癌まで一貫した治療を行っております。なかでも肝臓癌に対する体に負担の少ない焼灼(しょうしゃく)手術は県内でも有数を誇り、県外からも患者様が来院されます。循環器領域としては、慢性心不全治療やそのネットワーク構築、心臓・大血管リハビリテーションを行います。

病室は、患者様のプライバシー向上のために個室を27部屋設け、6階には飲食などが楽しめる展望ラウンジがあり、屋外にもテーブルやいすを配置しています。駐車場も約270台分あり、新たに玄関に路線バスの乗り場を設けました。

これからの社会は高齢化がさらに進むと共に、医療は細分化され、ますます専門化していくと思われます。これらのニーズに応えるため、我々は一層の努力を惜しまぬ決意でございます。 今後も地域に密着した医療を貫き、延岡市内に開業の先生方とより緊密な連携をはかりながら、市民の皆様が安心して暮らせるような社会の実現に貢献したいと思っています。 どうぞこれからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。