ブログ

  • Home
  • Blog
  • 宮崎県立延岡高校メディカル・サイエンス科病院体験

宮崎県立延岡高校メディカル・サイエンス科病院体験

2021年11月30日~12月17日の期間に宮崎県立延岡高等学校メディカル・サイエンス科1・2年生の病院体験が行われました。将来、医療従事者を目指している学生が実際の医療現場を体験する事で医療は多職種で行われていることを知り、働く自分の姿をイメージし、日々の勉強に明確な目標を持って取り組む良い機会を提供出来たのではないかと思っております。

 当院においても体験を通じ様々な地域医療の課題をいち早く認識していただき、将来その困難な課題に立ち向かう医療人を育てる貴重な機会となりました。

・病院見学を終えての感想


延岡共立病院の見学研修を終えての感想  教育主任 加口多喜子

宮崎県立延岡高等学校メディカル・サイエンス科 1年生感想文

宮崎県立延岡高等学校メディカル・サイエンス科 2年生感想文

赤須晃治院長との質疑応答も和やかに多様な質問がありました。

延岡共立病院の地域医療への取り組みをビデオにて紹介しました。

行動目標:地域住民の方々がすこやかで、安心して生活できる環境の実現を目指して、予防健診・医療・介護などの事業サービスの提供を通じて地域社会に貢献しています。

手術室にて手術見学。医師や看護師より手術の進行が説明されました。

ヘリポートを見学しました。

各病棟(医師・看護師)の役割について

一般病棟(ICU)・回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟・特殊疾患病棟と多様な病棟があり、患者様にあった医療を提供しています。

地域医療連携室(看護師・医療ソーシャルワーカー)の役割について

「自院と他院・他施設をつなぐ部署」。患者様がスムーズに受診・入院ができるよう、また他医療機関より安心して転院できるように医療機関・介護施設をはじめ行政や福祉とも調整をします

薬剤科(薬剤師)の役割について

医師の処方せんをもとに薬をとりそろえる調剤はもとより、病棟で患者様に薬の説明をする服薬指導、抗がん剤のミキシング、薬剤情報の提供など業務は多岐にわたります。

臨床検査室(臨床検査技師)の役割について

臨床検査科の役割は、医師の指示のもとに正確かつ迅速に検査を行い、そのデータを診断・治療を行う医師に提供します。

放射線科(医師・診療放射線技師)の役割について

患者様のCT・MRI等の画像を撮影・読影し疾患の有無を判断したり、疾患があればどういう種類のものかを判定し治療に必要な情報を提供します。

延岡共立病院健診センター(医師・保健師)の役割について

健康であり続けるために自分の身体を知る「身体の点検」です。様々な検査で病気が隠れていないかを調べます。

リハビリテーション科(リハビリテーション技師)の役割について

脳梗塞、骨折、心臓病、がん、手術後などの患者様に対し、リハビリテーションを実施しています。

栄養科(管理栄養士)の役割について

患者様の栄養状態の把握を行い早期退院につなげていけるよう栄養管理に努めます。また、健康な方は健康を維持できるよう、疾病のある方は状態を悪化させないよう食生活のアドバイスを行います。

一覧に戻る